今回は、クリニックのプロモーション動画のご紹介をしたいと思います。ニコン指定での撮影依頼ということで、全てニコンZ 9 で撮影を行いました。

高画質、ハイクオリティ

ニコンのフラッグシップミラーレスカメラ Z 9 は様々な記録形式で撮影可能ですが、通常のH.265 10bit での記録でも、8Kからのオーバーサンプリング4Kで撮影が可能なので、今回は4Kでの撮影を行いました。

当然、8Kでの撮影は可能ですが、YouTube前提での公開であれば、再生のレスポンスも考えると4K画質が一番安定していて、高画質に表現できるのでおすすめです。

今回のプロモーション動画では、こだわりの表現としてタイムラプス動画、ジンバルを使った撮影技術を取り入れて制作しています。

タイムラプス動画

タイムラプス動画は、一定間隔で写真を撮り、繋いでいくパラパラ漫画の要領で動画にしていきます。今回のタイムラプス動画では、日の出の2時間前から撮影を行い、3秒間隔で撮影をし、日の出後は1時間、計3時間もの時間をかけて撮影を行いました。

特に難しいポイントとしては、夜明け前の真っ暗な状態から日の出後の明るい状態で撮影を行うので、カメラの設定が重要となる。

ジンバル撮影

朝日をバックに「BE KOBE」のモニュメントをオービットショットにて撮影。FREE STYLE Movie では、ジンバルを使った撮影を得意としていて、映画、ドラマなどでレールを使ったような安定した映像を撮ることが可能です。

インタビュー動画

プロモーション動画では、ご挨拶、説明等、語りのシーンを入れることが多いです。その中で重要なのが、もちろん内容もそうですし、機材のお話をすると照明、マイクも重要となります。

FREE STYLE Movie では、ワイヤレスマイク、ショットガンタイプのコンデンサーマイク等、環境に合わせた収録を行います。昨今、ビットレートの高い音声収録が可能なレコーダーの登場により32bitフロート収録対応のレコーダーを使って音にも拘って映像制作を行っております。

音楽のリズムに合わせた映像

映像の観やすさ、聴きやすさ、自然に違和感なく入ってくる映像は、音楽のリズムも映像とフィットしています。一見簡単そうに見えるかもしれませんが、音楽の盛り上がるポイント、はじまってる感も重要であったりするので、そんなところも意識しながら、音楽を選んだり、音楽に合わせて編集を行っています。

まとめ

如何だったでしょうか?プロモーション動画は様々な形があると思いますが、FREE STYLE Movie の拘りと制作における意識などを感じていただけたら幸いです。専門用語も多く、難しい内容かと思いますが、日々最新の機材を検証し、最適な状態で撮影に望み、ご依頼いただけるお客様に最高の映像をお届けできるようにしています。

映像制作、プロモーション動画制作のご依頼は、FREE STYLE Movie にお任せください。